小学生のプログラミング教育と仕事で必要なレベルの断絶

パパ
そうかぁ。そういう見方をしている人もいるんだな。

子供のプログラミング学習で、Scratchを用いる事に否定的な記事を見つけました。

プログラミング教育の落とし穴
https://wirelesswire.jp/2015/10/47351/

執筆者は、子どもの頃よりプログラミングに親しみ、現在起業した企業では日本はもとより米国やタイでもプログラミング講座を開講するなど、プログラミング学習に詳しい方のようです。

腹落ちするところが何ヶ所かあるので、少々長いですが、下記に引用させていただきます。

もっと大きな問題は、Scratchの延長上に普通のプログラミングがないことです。
たとえば、かつてBASICが隆盛を極めたことがありました。
大人も子供もBASICを学んだ時代です。

BASICでできることは、今日Scratchでできることとほぼ同じです。
しかし、BASICの場合、その延長上にプロとしての仕事がありました。

商業用ソフトがBASICで書かれたり、また、企業や工場の中で使うアプリケーションがBASICで書かれたりということはよくあったのです。

ですから、BASICが書ければ飯が食える、という状態が一定期間ありました。
これは90年代の終わり頃まで続きます。

その後、プログラミング言語の主流はC言語に移り、C++言語に移り、Javaに移行していきました。

一貫していたのは、CだろうがC++だろうがJavaだろうが、延長上に仕事としてのプログラミングがあったことです。

飯が食えるなら、勉強するのも悪くありません。
ところがScratchは、いくら勉強しても仕事になりません。せいぜい、Scratchを教える教員になれるくらいです。

今、息子まーくんは、Scratchが楽しくてたまらず、自分で集中してゲームを作っています。作ったゲームで遊ぶ時間よりも作る時間の方が増えているように思います。

プログラムの楽しさに目覚めて、良い方向に進んでいるなと思っていますが、Scratchだけを極めてもこの先には繋がらないということです。

更に続きます。

どうせ同じ時間をかけて勉強をするなら、本物のプログラミングというものを学ぶべきだし、学習意欲のある子供は、さらにそのまま突き進んでいけるようなレールを用意するべきだと思うのです。そのレールの先は、決して「ここで行き止まり」であってはならず、そのレールをずっと進んでいけばその先には本物のプログラマーへの道が開けるようなものでなくてはいけません。

スポーツの世界では、こんなことは当たり前です。

たとえば子供に卓球を教えるのに、子供用の卓球のルールを押し付ける親はいません。子供にサッカーを教えるのに、フットサルをやらせる親もいないでしょう。サッカーとフットサルは似ていますが、フットサルを極めてもプロのサッカー選手にはなれません。

プログラミングを教えるというのは一種の英才教育ですから、なぜわざわざ子供を檻の中に閉じ込めてプログラミングを教えなければならないのでしょうか。これは却って深刻な悪影響を与えてしまうと私は思います。

耳が痛いですね。子どもがとっかかりやすいように作られたScratchは、子どもが興味を持って当然なのですが、その先に本物のプログラムを書くというレールは繋がっていないということです。

重要なのは、途切れなくプログラミングを学び続ける道が繋がっていることです。
ScratchもBASICも、残念ながら行き止まりがあまりにも早くきてしまいます。

私が危惧するのは、子供達がこの段階で飽きてしまうことです。
あまりに早く壁にぶつかった時、「なあんだ」と思って諦めてしまうことです。

まーくんがScratchにハマっている間に、飽きてしまう前に、本物のプログラマーへの道が繋がっているプログラム言語への興味づけを行い、自分が意識して普通のプログラミングを学び続けるよう、サポート・励ましを続けなくてはいけません。

パパ
これはかなり難しい。。。大人がプログラミング学習を強制しても、楽しくなければ続かないし身につかない。なにか良い方法はないかしらん。

今、パパがあの手この手で息子をプログラミングの方向へ導いているのは、英才教育の一環なんだとあらためて自覚し、導き方を誤って挫折させないように親が良く考えないといけない、と考えさせられました。

息子が成長して、他にもっと楽しく熱中できることができて、そちらに移るのなら仕方がないですが、まだ今の段階で壁にぶつかって「つまんねー」と諦めてしまったら、大人の導き方に責任があるかもしれません。

小学生のScratchプログラミングに役立つ教本

パパ
まーくん、今日はSCRATCHの本買ってきたよ
まーくん
えっ、ホント、何なにどんなの?

Scratchに興味を持ち、欠かさずNHKのWhy?!プログラミングを(録画までして)見て、Coderdojoに参加してライバルもできた息子まーくん(マインクラフト歴1年3ヶ月、Scratch歴4ヶ月)。

Scratchへの興味は衰えず、メキメキと実力をあげているのが、本人が遊んでいる自作ゲーム(笑)を見ると分かります。
ゲームのメインの枠組みは、ほぼ人のプログラムをパクっていることが多いので、あんまり自力で作った部分は多くないのかもしれません。

ここらで少し、Scratchプログラムの体系的説明が載った本を与えてみようかと。どうなるかな。

読めと命令すると、親が喜ぶから読む、という行動になってしまうかもしれないので、特に指示は言わず、そっと本棚に置いておきます。


SCRATCHではじめよう!プログラミング入門 ゲームを作りながら楽しく学ぼう/阿部和広/杉浦学


スクラッチ2.0アイデアブック ゼロから学ぶスクラッチプログラミング ゲームで遊ぶな、ゲームを作ろう!/石原正雄

まーくん
買ってもらった本、そこそこ使えるね。知っているワザも結構あるよ。
パパ
よかった、興味を持ったみたいだ

大型書店でScratch関連本をいくつも見比べて、その中でも全く初めてパソコンを触るぐらいの初心者向けの本はやめて、経験者向けの詳しい本を選んだかいがありました。ゲームのサンプルプログラムも、縦スクロールのシューティングゲームを一から作るもので、これができたらきっと楽しいでしょう。

まーくん
スーパーマリオみたいなゲームが作れる本があったら欲しいなー、この本は参考にならないんだよなー
パパ
ありゃ?!横スクロールゲームの方が好みだったか。

子連れでザ・ブセナテラスへ旅行、滞在リゾート3日間

あこがれのリゾート

こんにちは!ダラくまです。

2017年の夏、憧れのリゾートホテル、ザ・ブセナテラスへ宿泊しました~!小学生二人と夫婦、おじいちゃんの5名です。お高い宿泊代金はどうか助けて!おじいちゃん。。。

続きを読む

CoderDojoとの出会い~プログラミング学習環境と効果

まーくん
パパー、学校でもらったプログラミングに行ってみてもいい?
パパ
プログラミングなに?。。。コーダードージョー?

息子まーくん(マインクラフト歴1年1ヶ月、Scratch歴2ヶ月)が、小学校で掲示を見かけたCoderDojoに参加してみたいと言い出しました。

CoderDojoとは、子どものための無料プログラミング道場で、世界中にあり、日本にも100以上の道場があるようです。
https://coderdojo.jp/

方々にボランティアが立ち上げた道場があり、Scratchやその他のプログラム言語を使ったプログラミングを教えてくれるようです。
自分から行きたいとやる気を見せているなら好ましい話、行ってもらいましょう。

パパ
いいよー、申し込んどくから。

ひと月に一回開催されていて、その当日の日曜日。
小学3年ですので保護者が同伴し、CoderDojoの会場へ。ノートパソコンは自分で持ち込みです。

基本的には、指導する大人や大学生はメンターという立場であり、プログラミングをカリキュラム形式で習得させるのではなく、子どもがやりたいことを自らやる手助けをする、というかたちです。主体的に学ぶ力を育てるんですね、なるほど。


引用元:https://coderdojo.jp/

まーくんはScratchをすでに触ったことがあるので、すんなりと自習に入れました。

今作っているゲームで、ここをこうしたいんだけどーという質問をメンターにすると、方法を教えてくれるか、他人が共有しているゲームからプログラムのヒント(真似)を得るように言われます。

プログラムがまったく初めての子どもたちも参加しますし、毎月欠かさず参加しているリピーターもいます。リピーターの中には教えたがりの子どももいますね。初心者がとまどっていると助けてくれたりします。

初心者にはメンターが一緒に簡単なゲームを一緒に作り、プログラミングの楽しさをいちから教えてくれるのですね。これなら、親がプログラミングが分からなくて面倒を見られなくても、プログラミング学習をスタートできます。

まーくん
面白かったー!来月も申し込んで、お願い!

一緒にプログラムを共作する友だちができ、すっかり楽しくなってしまったようです。

プログラミング仲間が出来るということは、子どもにとっては動機付けが高まるようですね。

息子がマーチオブエンパイアという新ゲームを手に入れました

まーくん
パパー、新しいゲームいれてくれたんだね、でも良くわかんないよ
パパ
えっ、いれてないよ、おかしいな

息子まーくんが、新しいゲームが入っているからやってみた、と言う。

そんなはずないでしょ、とパソコン画面に向かうと、確かに戦国モノというか、国育成系のゲームが始まっている。。。なんでー?

マーチオブエンパイア 領土戦争
http://www.gameloft.com/marchofempires/

あ、もしかして、そういうことかも。。。

パパ
どこにあったの、このゲーム
まーくん
メニュー画面に増えてたよ

あー、やってしまった、“マイクロソフトのおすすめ”という、ランダムでストアアプリが表示されるところを見たんでしょう。

別にインストールしたわけではないのに、勝手におすすめゲームが表示されるので、まーくんは喜んでぽちっとクリックしてしまったようです。

パパ
仕方ないなー、まったく、こういう他人とネットで繋がるゲームは、まだやらせたくないんだよな
まーくん
わかった、繋がらないようにするから

わかってないよ。。。このゲームは他のゲーム参加者と仲間になったりして、力を合わせて進めていくもの。課金アイテムもごろごろしているし、あぶないあぶない。

しばらくウォッチせねば。

マイクロソフトのおすすめを、即刻遮断したのは言うまでもありません。

小学生が人のScratchプログラムに学ぶ効果

まーくん
ヤバイっ、やられるっ!いけっいけっ、うりゃー
パパ
何かパソコンで盛り上がってるなー

息子まーくん(マインクラフト歴1年、Scratch歴1ヶ月)は、
大戦争という、そのまんまズバリのゲームが面白いようです。
https://scratch.mit.edu/projects/25994002/

確かに良くできたゲーム、これをScratchで作れるとは!すごい人もいる!

しーちゃん
こっちのほうが面白いよ、好き。

姉さんも登場です。

ボールころころ
https://scratch.mit.edu/projects/134170516/

有名らしいのですが、スマホゲームのローリングスカイを、Scratchで再現した優れもの。
これを中学生が作り上げるとは?!凄すぎて怖い。

まーくん
こんなゲーム、どうやったら作れるんだ?

Scratchは、公開されているゲームはプログラムを見ることができ、それを自由に改造していいことになってます。

規模が大きく複雑なプログラムすぎて、全く何をしているんだかわからない!
Scratchってすごい。

Scratchで始める小学生のストーリープログラミング

まーくん
パパー、これ見てみて、プログラムできたよ
パパ
おっ、どれどれ、楽しみだな

息子まーくん(マインクラフト歴11ヶ月、Scratch歴0ヶ月)、Scratchでプログラミングを始めたのですが、最初は録画したWhy?!プログラミングを見て、Scratch猫のキャラクターを単発で動かしたりしていました。

その後、何やらお絵描きをする画面に集中していた後、

まーくん
パパー、いくよー








まーくん
すごいでしょ!

結構手間がかかってるね、それぞれ絵を描いて動きを表現してるもんね。

プログラムはどうかな。

短かっ!?

まーくん
プログラムって、簡単。ゲームも作れそう!
パパ
自信満々だなー

小学校低学年はScratchプログラミングを学習できるか

まーくん
パパー、スクラッチでゲーム作りたいんだけど、なんかわかんないよー

Why!?プログラミングに大きく影響を受け、スクラッチをやりたいとせがむ息子まーくん(マインクラフト歴11ヶ月)。

いいですね。人が作ったゲームをプレイする側ではなく、自分でプログラミングをしてゲームを作りたいというのは、好ましい方向です。

2020年度から小学校でプログラミング教育が必修になるので、興味が湧いてくれれば自分で学ぶきっかけにもなるかも。

まーくん
電子メールが必要なんだって
パパ
アカウントを作るにはメール認証するんだね、パパのアドレスを使ってちょいちょいっ、と

スクラッチは、マサチューセッツ工科大学が作ったプログラミング言語学習環境、とのこと。
難しいプログラムコマンドはなく、命令ブロックを直感的にマウスで繋げて、様々なゲームやビデオ、音楽が作れる優れモノです。

まーくんに質問されても大丈夫なように、パパも少し触っておかないと。

まーくん
わー、いっぱいゲームがあるわ、すげー
パパ
やっぱり動機はゲームか?!

学習動機付けに向く番組~Why?プログラミング

まーくん
パパー!ワーーーイプログラミーーング!
パパ
は、なにそれ?

息子まーくん(マインクラフト歴10ヶ月)は小学3年生になりました。偶然出会った、NHK Eテレで放映している Why? プログラミング を見はじめました。

芸人の厚切りジェイソンと、人形のプログ、ラムが、スクラッチ・ワールドからのSOSを受けてプログラムを直して救う、という毎回のストーリーです。スクラッチというのは、子ども向けプログラミング教育用のプログラミング言語です。

厚切りジェイソンは、新人隊員という設定。

プログ・ラム
スクラッチワールドからのSOSよ!
ジェイソン
私が行って、治してまいります!
ジェイソン
かんたんです。ほら、プログラムのこことここを治せばOKです。
プログ・ラム
ジェイソン、まだプログラムの動きが治ってないよ!
ジェイソン
ホワーーーイ!どうしてなんですかぁーーー?

プログ、ラムの助言のもと、ジェイソンが再度プログラムを直して、無事にSOS信号が消えてハッピーエンドになります。

その後、いつも悪乗りするジェイソン。

ジェイソン
こことここを改造してみました!これってすばらしいでしょ?
プログ・ラム
えー!やりすぎだよー!

などと言って、プログラムが過剰な動作で暴走しはじめ、プログ、ラムがジェイソンにあきれる中、

ジェイソン
いーーーっじょうっ!(=以上)

と締めます。おあとがよろしいようで。

2016年から不定期に放映していたようで、すでにワンクールが終了し2017年は再放送に入っていました。

2020年から小学校でプログラミング教育が必修になるので、これはプログラムに親しむ良い番組ですね。

まーくん
ワーーーイプログラミーーング!
パパ
ジェイソンの決まり文句ばっかり。。。

子連れ沖縄本島旅行のホテル選び~オススメとガッカリ3つずつ

沖縄本島への子連れ旅行

子連れ(赤ちゃん)で沖縄本島に旅行を考えますと、どこが良いのか、何がポイントか、悩まれることと思います。これまで宿泊したそれぞれのホテルに良さとイマイチさがありましたので、少しナナメな角度で良いところとイマイチなところを独断で三つ挙げました。みなさまが許容できるか参考にしていただければと思います。子連れ沖縄旅行に役立つ方法もお伝えします。

続きを読む