Hack for PlayでのJavaScript学習は子供が夢中になる

パパ
ゲームをしながらプログラミングを学べるWebを見つけたよ

今日は、子どもが楽しいゲームを通じてプログラミングに興味を持つきっかけになるであろう、ハックフォープレイを息子まーくん(マインクラフト歴約2年、Scratch歴9ヶ月)に勧めてみました。

ハックフォープレイ
https://www.hackforplay.xyz/

子どもは、ドラクエ風二次元マップで自分のキャラクターを動かし、ステージクリアを目指します。
もちろん、敵キャラを倒さないと先に勧めないのですが、敵キャラのHPが999なのに自分のアタックが1しかない、という状況になってます。自分のHPが少ないので、絶対に勝てません。

そこで登場するのがプログラミング。先のステージに進むために、敵キャラのHPが記述されたJavaScriptコードを、ユーザの方で書き換えてしまいます。

まーくん
HPゼロにすりゃいいんじゃね?
まーくん
やった!戦わなくても敵が死んだ!

このゲームの中で、プログラムを改変することが当然のツールになっています。プログラムをいじれる人間様が、ゲームを支配できる!という達成感が半端ない。

まーくん
ボス来たー!つよすぎー。
パパ
どうするの?

プログラムで、自分のHPを最強に書き換えてボスキャラと対峙させます。耐力削り合いだけどなんとか勝てそう!やった!

まーくん
面白かったー!友だちにも教えよう。

楽しんでくれたようです。
ハックフォープレイは、パパは最近知りましたが以前から有名なようです。

未踏スーパークリエータが作った「ハックフォープレイ」でゲームをプログラミング!
https://www.watch.impress.co.jp/kodomo_it/try-programing/1088462.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

子供のプログラミング教育に特化したHour of Codeの感想

まーくん
パパー、。。
パパ
ん、また何かプログラム教わったの?
まーくん
当たり!

息子まーくん(マインクラフト歴約1.5年、Scratch歴9ヶ月)、プログラミングバトルの予選を突破ということでお知らせしましたが、予選会や二次選抜の講義でいろいろとプログラミング教育のWebサイトを知ったらしく、パパが知らないことを聞いてきます。

今日は、Code.orgというプログラミング教育のサイトからリンクされている、Hour of Codeに挑戦です。Webサイトはhttps://hourofcode.com/jpより。

まーくんがやりたいのは、マイクラの二次元ワールドで、プログラミングによりキャラクター(SteveかAlex)を操ってステージクリアするMinecraftアドベンチャーです。

お題は各ステージで決まっていています。
基本、キャラクターのスタート位置から移動して、羊を捕まえる、木を切る、羊の毛を刈る、作物を植える、クリーパーに見つからないように移動して家に戻る、などを自動で動くようにプログラムします。

Scratchによく似た命令ブロックを繋げてプログラムを書きます。

CreativeMerlin / Pixabay

一通り全ステージをこなしたようですが。。。

まーくん
もうやーめた、かんたーん

どれどれ。。。

ブログラミングの初歩を教える、というスタイルに特化してますね。まーくんには手ごたえがなくて続かなかったようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0