夏休み子連れグアム旅、オンワードビーチリゾートの感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
arthurgalvao / Pixabay

小学生2人連れで海外旅行

こんにちは!ダラくまです。

小学生連れで、夏休みの思い出にグアムのオンワードビーチリゾートへ行ってきました!オンワードといえば、評判の巨大ウォーターパーク!空港からも近く、子連れには良いことがたくさん。

旅行記、行ってみましょう!

今回の旅程

2015年8月
往路
成田空港→グアム空港 昼間便

復路
グアム空港→成田空港 早朝便
 

ユナイテッド航空のマイレージプラスによるUA特典航空券で移動です。
マイル数は、25,000マイル×4人。マイレージプラス セゾンカードのショッピングマイルだけではマイルが足りませんでしたので、30,000マイルほど追加で購入しました。

上の子は未就学の時に一度シンガポールへ行きましたが、下の子は海外は初めて。上の子のパスポートも切れてしまいましたので、二人のパスポートを準備しました。

昼間便成田空港からグアムまで、片道3時間40分の道のりです。

旅行記

photo001
成田空港から出発

成田からのフライトは順調、グアム空港のゲートを出たところ、ホテルの送迎バス担当者とすぐにコンタクトできました。中部国際空港、関西国際空港からグアムへ到着する便を使う他の宿泊者が後から合流するのを待ち、一つのリムジンバスに同乗して出発です。

photo002
グアム空港到着口の外で待ちます

宿泊はオンワードビーチリゾートです。宿泊者専用のプールに加え、宿泊者以外も入場可能な隣接のウォーターパークが充実しているホテルとしてガイドブックで取り上げられています。

立地と設備

空港からオンワードビーチリゾートまでは15~20分の道のりです。グアム空港からは比較的近いほうのホテルと言えそうです。

photo015
ホテルからのビーチの眺め

オンワードビーチリゾートは、アガニア湾(ハガニア湾)に面したビッグリゾートホテル。ホテル棟は複数あり、プール、レストラン、娯楽施設が充実しています。

プール

photo012
宿泊者用プール(昼間)

宿泊者用プールで子どもはおおはしゃぎです。有名なウォーターパークに向かう宿泊者が多く、宿泊者用プールがさほど混まないので助かりました。

ウォーターパークには、園内の外周に巨大な流れるプール、中心部には波打ち寄せるプールや、ゴムボードに乗って滑り降りる巨大滑り台?などがあります。流れるプールには自由に使える浮き輪が流れており、大人もこれを使い漂っているだけで良く、一周するまで長いためとても気持ちが良いです。

ただ子供がいうには、一部に深さがあるところがあり、そこは怖かったとのこと。

photo016
こちらも宿泊者用プール(夕方)

ビーチ

ホテル前のビーチには、ほど近い沖合に小島があります。

photo006
手前の赤オレンジはカヌー

ホテルのビーチアクティビティの一つとして、カラフルな2人乗り、3人乗りのカヌーにのって、手漕ぎで小島に向かうことができます。我が家もこちらに挑戦、サンゴの白砂が広がる小島に上陸して記念撮影をしました。

photo009
達成感でいっぱい

周辺

ホテルから空港とは反対側に徒歩数分ぐらいのところに、地元のスーパーマーケット(ペイレススーパーマーケット)があります。こちらで買い出しが出来ます。

photo005
ペイレススーパーは冷房が効きすぎです。

ホテルの朝食バイキングを宿泊メニューに含めなかったため、自分たちでスーパーで朝食用の食材をゲットします。翌朝はゆっくりと寝坊し、自室で朝食をとりました。

photo011
ホテル入口で一枚、スーパー帰り

途中で信号のある交差点があります。右折する自動車(※日本と違い右側通行です)は信号に無関係で曲がってくるように感じたので、どのタイミングで横断するのかわからずまごまごしてしまいました。実は交差点をよく観察すると、ちゃんと歩行者用の押しボタンがありました。

レストラン、食事

昼にオンワードのランチブッフェに行きました。一通りのバラエティ富んだ料理に満足。大人的に不満なのは、子供に食べさせたくないような着色料満載のどぎついデザートばかりだったこと。緑とか赤など原色系のスポンジケーキは敬遠です。

あと好みの問題ですけど、アイスコーヒーが準備されていませんでした。アイスティーだけでしたので残念。

photo014
自室で朝食中

ビーチ、プールで遊びつくした昼間が終わると、グアムに夜の帳が下りてきます。

photo008
海辺で貝殻探し中

photo010
ビーチは西向きで日没が見られます

今日はオンワードビーチリゾートの近くのレストランに行きました。ホテルから歩ける距離にある、日本食レストランのSakura Noodle Houseです。ずいぶん昔から商売をされているようで、地元民の利用が多く、地元に根付いたレストランであるとよく分かりました。美味しかったです。

photo013
夜間の宿泊者用プール

今夜もホテルのプールは綺麗にライトアップ。

明日はホテルのレストランでディナーをいただくことにしました。子供たちのリクエストと単価を天秤にかけ、日本料理屋に入りました。
まあ…外国であることを考えると味は及第点と思います。単価が結構高いので、毎晩は行けません。

その他の日は、オンワードの近くのレストランで、すぐ隣の敷地にあるファミレスの方が重宝しました。

ゲームコーナー

ディナーを終えても、オンワードビーチリゾートでの遊びは終わりません。
ホテルの地下にはゲームコーナーや卓球台、ボールプールなどがあり、子どもたちはハッスル!まだまだ寝られません。

photo003
テーブル・フットボール(Wiki)

photo004
卓球で対戦!

帰国便のユナイテッド便は1日3便ありますが、特典航空券では午前便や昼間便は予約ができず、早朝便しか取れませんでした。

最終日の朝は早いですよ、コドモタチ、そろそろ遊びは終わりにして寝なさ~い!

ZZzz..

まとめ

オンワードビーチリゾートは評判に違わず、海、プール、娯楽ともに最高でした。ウォーターパークは大規模で、一日中遊べますね。

昔、夫婦でグアムに行ったときは、ウェスティンに泊まったのですが、子連れとなればプールの充実したこちらが良かったです。

関連情報

オンワードビーチリゾートのほかのクチコミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>