マイクラプログラミングは学習の動機付けに効果はあるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まーくん
パパー、マイクラのプログラムやってみたい!ニワトリを空から降らせられるんだよ、雨みたく
パパ
へー、そうなんだ。。。で?

息子まーくん(マインクラフト歴約1.5年、Scratch歴8ヶ月)が、マイクラをプログラムで動かすと、楽しいことができると知ったようです。どうも、プログラミングコロシアムの講義で習ったらしい。

マイクラキャラをプログラム通りに歩かせたり、欲しいときに鶏や豚や羊を出現させたり、鶏を空から降らせたり(実際にはあり得ない)。

まーくん
パパー、何をすればいいか調べてよー
パパ
仕方ないなー、もう

と言いつつ、マイクラがプログラムで自動化できるのは興味あります。

ネットで探したところ、Code Connection for Minecraftをインストールする必要があるとわかりました。この記事を参考にしています。

インストールして、マインクラフトと連携させると、プログラムが可能なクリエイティブステージが作れるようになります。

今回、標準のMakeCodeという言語を使ってみます。プログラムの思想はほぼScratchと一緒です。命令ブロックをグラフィカルに繋げて、必要な動作を作ります。

まーくん、ニワトリを降らせてみよう、繰り返しを100、プログラム開始のZ座標を地上から高いところにして、と。

すごい!鶏が次々と空から生まれて、ふわふわーっと落ちてきます!

空からニワトリ発生!

指定した座標から発生してます。

地面はニワトリで埋め尽くされました。

息子と一緒に大笑い!あり得ない!これこそWhy?

まーくん
飽きたー、できること少ないし
パパ
あり得ない動作をして、大人的には面白いのになー。確かに、マイクラの中だけしかブログラムできないから、こりゃ飽きるね。

息子的には、マイクラはゲームとして、ブログラミングは別途できたほうが良いみたいです。

でも、少し前だったらこのソフトで相当楽しめたと思うのだけど、息子もずいぶん経験を積んで、視点が上に向いているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*