子供向けプログラミング大会で上位に行く家庭教育の効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ママ
パパ、まーくんが小学校からもらってきたパンフのプログラミングバトルに参加してみたいって
パパ
プログラミングバトル!?なにそれ?

息子まーくん(マインクラフト歴約1.5年、Scratch歴8ヶ月)がプログラミングバトル(競技会)に出たいと言い始めました。

GPリーグ プログラミングバトル(競技会)県内予選
https://programming.or.jp/

プログラミングに興味のある小学生のプログラミングバトル(競技会)への参加者を募集します。
初心者大歓迎です。クラスの仲間と一緒にプロコロに参加しよう!

何やるのか良くわからないけど、恐らく本人もわかってないけど、申し込んでみました。

そして当日。もちろん保護者同伴。

会場の某大学キャンパスに小学生がたくさん集まり、大変な大賑わい。こんなにプログラミングに興味を持つ小学生と親御さんがいるんだねー。

バトルというから、プログラミングで作り上げたプログラム同士で戦わせたりするイメージだったけど、実際は大講義室に集めてプログラミングのお話を聞いたりして、最後にペーパーテストで選抜するみたいです。

保護者は講義室外にて待つように言われ、講義室からは講師の先生の話や、時折子供たちの歓声が聞こえます。

まーくん
パパー、予選突破したよ、僕
パパ
えっ!ホント!?

驚いたことに、まーくんは約300人の中からTOP20に残ってしまいました。親はもちろん嬉しい!
ですので、選抜のトレーニングジムにも参加が許されました。

一連のイベントの流れは、チバテレの番組「プログラミングコロシアム」で放映されます。
過去放映番組は番組ページからYouTubeで見られます。

パパ
ところで、いったいどんな問題が出たの?
まーくん
別にー、コンピュータはどこに使うのとか、コンピュータの中身の質問とか。スクラッチの問題ちょっとしかなかった。
まーくん
パパとパソコン組み立てたことあるから、パソコンの中身の質問とか簡単だったよ。
パパ
よかった、いろいろ体験させておくもんだなぁ

高学年の生徒も多くいる中で、小学3年生での予選突破は立派でした。

パソコンでも、タブレットでも、スマホでも、子供がゲームやプログラミングに使っているハードウェアがいったい何者か、家庭で話題に出しておくと良いのではないでしょうか。使わなくなった古いケータイやデジカメを子供に分解させてみてもよいかもしれません。
えてしてネジ形状が特殊で、星形だったりT型だったりするのですが、ネットでその手のドライバーは普通に購入することができますよ。
(iphone 分解 ドライバー などで検索します)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*