小学生とゲーム~作る側への誘導とプログラミング教育

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まーくん
パパー、僕さ、自分でゲーム作ってみたいな~
まーくん
マイクラみたいなゲームを作るのって、どのくらい難しいのかな?

突然、息子まーくん(マインクラフト歴4ヶ月)がゲームを作ってみたいと言い始めました。

パソコンだって、結局は部品の組み合わせで自分で作り上げることができると分かり、ゲームもやるだけではなく作ってみたい、と思い始めたのかなぁと想像してます。

だとしたら嬉しい!

プログラミングのぷの字も知らないまーくん、小学生でも簡単にゲーム作りの真似事ができるような方法はないいかな?とネットでいろいろ調べると、いいのがありました。

アクションエディター
おもしろゲーム神殿 ~アクションゲーム&シミュレーションRPGをつくろう~

アクションゲーム制作ソフトです。先人たちの作成例を見ると、秀逸なゲームがあるわあるわ。

ゲームステージ画面に、自キャラクターや敵キャラを配置していって、攻撃の弾(敵キャラも出す)を設定するなど、色々とできる仕様になっています。
それに、BGMも最初から揃っているのが素晴らしい!子どもは無音のゲームは好きではないはず。

まーくん
星のカービィみたいなのがいいなー

ああ、友だちのDSでプレイしている、横スクロールアクションタイプのゲームね。。。

あーでもないこーでもない、とゲーム画面を改造して、自分で飽きずにプレイしてますよ。

自分で作ったゲームだと、敵キャラの出るタイミングや難易度など知っているので、すぐつまんなくなるんじゃないかと思ったのですが、それは大人の理解なのですね。

まーくん
パパー、パパもゲーム作ってみてよ
パパ
えっ、俺はいいよ別に。。。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*