小学生もできるパソコン自作~ITリテラシーへの好影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まーくん
パパー、夏休みの自由研究なにがいい?

息子まーくんは小学2年生になりました。マインクラフト歴は2ヶ月です。

1年生の夏休みは、公民館で科学ボランティアが開催した「ピンホールカメラを作ってみよう」というイベントに参加させ、それで乗り切ったのですが、今年は別の自由研究を提出しないといけません。

何がいい?と聞かれてもなぁ、毎日朝顔を観察するとか、昆虫の生態日記をつけるとか、工作をするとかかな。

どれもイメージがわかない様子。

パパ
パパ
パソコンを自分で組み立てる、っていうのはやってみたい?
まーくん
何それ、すごい!やりたいやりたい!

まーくんに貸しているパパのパソコンは、もともとWindowsXPの時代にBTO(Build To Order)ショップのパソコン工房から購入したものです。NECや富士通のようなメーカー品ではないので、ケースの中身を入れ替えれば最新鋭のパソコンになるはず。

ここはパパも自作パソコンの勉強をして、まーくんと一緒にパソコン組み立てに挑戦します!

今回もパソコン工房さんで、マザーボード、ハードディスク、電源ユニットを比較検討して購入しました。この辺は詳しくないので、まずはマインクラフトがサクサク動くレベルはこれ!というマインクラフト関連ページを参考にしました。

マインクラフトが小学生の間で流行ってるらしいから、ツクモでおすすめパソコンの話を聞いてきた
出典:AKIBA PC Hotline (インプレス) Web

夏休み、とある日の午後。

パパ
さあパソコンに部品を取り付けていくよ、自由研究ノート用に写真をちゃんと撮ってね
まーくん
はーい

パソコンの筐体から、古いマザーボードと電源とハードディスクを取り外し、新しいものに取替えていきます。ネジ締めやコネクタ取り付けがメインですので、小学生でも自分の手で取りつけられますね。

自由研究ノートはこんな感じです。

まーくん
まーくん
これで自由研究も終わったー、遊びまくるぞー!

パソコンは自分で組み立てられると分かり、まーくんは興奮していました。僕が作ったパソコン、なんて言いだしたりして(苦笑)。
まーくん、コンピュータはゲームだけじゃなく、中身にも少し興味を持ってくれたかな?

パパはその裏で、メモリを4Gまでフルに認識できるよう、ネットで調べながらWindows10 64bit版への移行をしこしこやっておりました。まったく親バカですよ。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*