プーケットの旅行記~メルリンビーチリゾートへ一人旅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
greekfood-tamystika / Pixabay

一人旅のリゾートステイ

プーケットのメルリンビーチリゾートでゆっくりとリゾートステイ。プールサイドのデッキチェアは私のお気に入り、寛ぎながら文庫本に目を走らせてもいつのまにかうとうと... 2003年のお正月休み気分もあけた1月末、タイ・プーケット島へ旅立ちました。今回は一人旅です。

今回の旅程

2003年1月

往路 タイ航空 成田→プーケット国際空港

復路 タイ航空 プーケット国際空港→
バンコク(ドンムアン国際空港)→成田

 旅行記

往路は、成田空港からタイ航空で乗り継ぎなしでプーケットまでひとっ飛びです。乗ったその時からタイの雰囲気に包まれ、行く気分が盛り上がるのが魅力です。

photo001

タイ航空の機内食は、日本風の太巻きや、タイ風のお米におかずをかけたものなど盛りだくさんでした。

photo001

この旅行では、メルリンビーチリゾートに泊まりました。このホテルは街中から少し離れているので、喧騒とも無縁で静かな休日を送ることができます。プールは三つあります。スタッフはとても優しく、いつのまにか名前を覚えて呼んでくれるようになりました。

photo001

初日の夕食はホテル内のレストランで、アジアン料理をいただきました。海老の揚げ春巻きや、パッタイ(タイ焼きそば)です。ビールもGOODです!

photo001 photo001

レストランでは、女性スタッフが民族衣装に身を包み、民族音楽を演奏していました。 photo001

朝のすがすがしいプーケットの風景を、ベランダからの眺めます。日頃のせかせかした生活から離れて、心が洗われていきます。午前中からプールサイドのデッキチェアで、くつろぎながら文庫本を読みます。ここはもう、別世界です。

photo001 photo001

メルリンビーチリゾートでは、観光客に向けたホテルプログラムが充実しています。ここでフルーツカービングを教わりました。レストランやホテル内に置いてある果物のオブジェは、このようにカービングで作るのですね。無事、修了証を頂きました。免許皆伝です。

photo001 photo001

プーケットはこの時期乾季で、夜の風がとても心地よいです。夕食はベランダでフルーツプレートを平らげました。

photo001

プーケットの滞在期間はあっという間に過ぎてしまいました。復路は、バンコクで一泊していきます。

プーケット国際空港から、タイ航空のボーイングでバンコクへ飛びます。バンコク滞在時間に余裕があったので、ワット・アルンに行きました。「暁の寺」と呼ばれています。

photo001 photo001

宿は、スクンビットのレンブランドホテルに泊まりました。夕食は、デパートのフードコートでクイッティオ(米麺)を食べました。明日はもう帰国です。

photo001 photo001

まとめ

リゾートって基本的にカップルが多いイメージです。でも、ホテルスタッフご手慣れたもので、一人旅旅行者には積極的に寄り添ってくれます。

誰にも邪魔されず、仕事の電話も来ない、自分だけのために時間を使えるリゾート一人旅、一度試してみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>