子連れでザ・ブセナテラスへ旅行、滞在リゾート3日間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_0009

あこがれのリゾート

こんにちは!ダラくまです。

2017年の夏、憧れのリゾートホテル、ザ・ブセナテラスへ宿泊しました~!小学生二人と夫婦、おじいちゃんの5名です。お高い宿泊代金はどうか助けて!おじいちゃん。。。

今回の旅程

往路
羽田空港→福岡空港→那覇空港

復路
那覇空港→高松空港→羽田空港

昨年の沖縄旅行に引き続き、UAマイレージプラスの特典航空券で、全日空国内線沖縄便を確保できました。

往路二ヶ月前の午前0時から特典航空券の予約にトライしたのですが、0時直後に既に午前の直行便は取れず。。。

夜便なら直行で行けたのですが、到着が遅くなると子供が楽しみにしているプールに入れないですからね、福岡経由を取りました。必要なマイル数は変わりません。

フライトから到着まで

羽田を飛び立ち、福岡空港にはお昼前に到着しました。

2014年に石垣島へ家族旅行をした時(ブログはここ)にも、福岡空港で乗り継いで沖縄へ行ったのですが、福岡空港は随分と様変わりしていました。滑走路を追加するスペースを空けるため、ターミナルビルの移転集約を行っているようです。

20170816_114555
福岡空港にてフライト待ち中

那覇空港行きに乗り換え、次のフライト。飛行機が着陸に向けて高度を落とし始めて、ようやく沖縄本島の景色が見えてきました。

DSC_0001
空も、海も、蒼いですね

那覇空港からは、レンタカーに乗り換え、ブセナテラスに向かいました。日産レンタカーでは、お願いしていたクラスが出払っているとのことで、上位グレードの車を割り当ててくれました。

電気自動車のNote e-POWERです。

20170819_130644
エンジンで発電しモータのみで走るとか

日差しが弱まり始めた夕方には、ザ・ブセナテラスへ到着しました。

ブセナテラスの滞在

ロビーの車寄せに直接乗りつけて降りた後は、ホテルスタッフが車を預かって管理してくれるのですね。今まで自分で駐車場に止めるところばかりでしたのでビックリ。

20170816_163805
レンタカーを預けロビーで一休み

泊まる部屋はセントラルタワーのガーデンビューのお部屋。エクストラベッドを入れてもらいました。オーシャンビューとは異なり前面視界が林に遮られています。

20170816_165927
隣室と繋がるコネクティングルーム

オーシャンビューの景色はこちら。エレベータホールから眺めることができました。部瀬名岬全体がリゾートになっています。

DSC_0005
手前の群青色は二つのプール

プール

子どもたちはプールさえあればゴキゲン。。。サンデッキも多く準備され、日陰から子どもたちのはしゃぎっぷりを眺めました。

DSC_0013
ウォータースライダー(奥の水色部)

屋外プールは階が分かれて二つあり、かなり広いです。ウォータースライダーがあり、子どもが繰り返し並んで楽しんでいました。

20170817_185837
下の階のプール

日差しを避けられる屋内プールも完備。25mプールのようです。赤ちゃん向けに水深が浅いエリアがあります。

20170817_185901
屋内プールとデッキチェア

プールサイドに併設のバーでは、軽食、トロピカルジュースなどを購入できます。オリオンビール(生ビール)は結構値が張ります。確か一杯8~900円。。。

少しプールから距離がありますが、ビーチの方にある売店か、リゾート入り口近くのホテルコンビニに行けば、オリオンビール(缶ビール)が入手できます。

レストラン

カフェテラス ラ・ティーダで、洋食ブッフェの朝食をいただきました。開放的なレストランで、外との風の行き来があります。エアコンで寒すぎるということはなく、よい環境です。
20170817_124328
ブッフェは洋食のみです 和食は真南風へ

環境

ブセナ海中公園へ歩きながら、岬先端方向からみたザ・ブセナテラス全体とビーチ。今日も暑くなりそうです。

20170817_103901
すばらしい眺望

夕方、ブセナリゾート内をお散歩。クラブコテージの方へ歩くと、変わったオブジェがあります。クラブコテージは宿泊者以外は入れませんが、沖縄サミットの会場になった万国津梁館までは行けます。

DSC_0059
ふくろうです 夜間は明りが灯ります

チェックアウトから帰宅へ

予算の関係で、ザ・ブセナテラスだけに連泊するわけにもいかず、旅行の最後はいつものホテル、宜野湾のラグナガーデンホテルへチェックイン。

夕ご飯はこれまたいつものうみちか食堂さんで、沖縄そばやちゃんぷるーを美味しくいただきました。

DSC_0088
ラグナガーテンの遠景

帰路は、高松空港経由です。帰省時期とも重なり羽田空港に着陸する飛行機が混み合っていて、高松空港の離陸時間がかなり遅れました。

DSC_0109
那覇→高松の機材に再度乗ります

まとめ

あこがれのザ・ブセナテラスは、次元の違うスタッフの親切さに驚きました。ホテルスタッフ間で宿泊客からの要望が共有されていて、昨日伝えたのに対応されてない、ということがありませんでした。

繁忙期だったせいなのか他の時期は分かりませんが、ベッドメーキング作業が午前中から夕方まで行われていて、宿泊者の数に裏方作業の人数が間に合っていないかな?という印象を受けました。

正統派で、思い出に残る高級リゾート、また泊まりに行きたいです!

関連情報

ザ・ブセナテラスのほかのクチコミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>